ダイエットと減量、何が違うか答えられますか?

当ブログには広告が含まれています。

ダイエットと減量は目的が違うよ

筋トレが流行した影響で、減量という単語が一般的になってきました。

もともとダイエット業界の情報は玉石混交でしたが、「減量期でも食べられるもの」「減量期の食事」というような情報も増えたことで、

何が正しいのか

どれが自分に合っているのか

一般の方にはよりわかりづらい状況になってしまった側面もあると感じています。

ダイエットと減量には共通する部分もありますが、目的や目標が違うんです。

今回お伝えする考え方を取り入れることで、自分に合った情報を探しやすくなると思いますので、ぜひご参考になさってください。

もくじ

減量は期間限定

減量とは、特定の競技・イベントにむけて行うものと考えてください。たとえば以下のようなものです。

・ボディビル、フィジークなどフィットネスの大会に出る

・格闘技の試合に出る

・結婚式、写真撮影などを控えている

これらはある一定のタイミングで、最高のコンディションを作るのが目的。ずっとその体をキープすることは考えられていません

だからこそボディビルや格闘技の選手は糖質をほとんど食べなかったり、塩抜きや水抜きという極端なことでも行って、少しでも有利になろうとするわけです。

モデルやアイドルの方も、撮影が近いときには午前にピラティス・午後にはパーソナルジムと一日2回以上運動していたり、ファスティングや厳しい食事制限を行っていたりします。

ということで、たとえ一瞬でもいいから自分史上最高のカラダをつくりたいんだ、という目標の方は「減量」の情報は参考になる可能性があります。

結婚式や写真撮影などは、どんな人にも起こり得るイベントですしね。

ただ多くの場合、「減量」として発信されている情報運動量や筋肉量が多いことが前提になっているので、運動経験の少ない方は注意が必要です。

ダイエットは体型キープが目標

一方、ダイエットという言葉は体型や体調をキープしたいときによく使われます。多くの方が当てはまるのはこちらでしょう。

一時的に痩せたらそれで満足、リバウンドしてもOK!という方は、あまり見かけないですよね?今よりも体調をよくしたい、体型を変えたいと思ってダイエットを始めると思います。

元の生活に戻れば、ほとんどの場合体調や体型も元に戻ります。

ダイエットとは、食事や運動などのライフスタイルを変え続けていけるようなかたちを見つけることがゴールです。

「生活習慣病」という言葉があるくらい、生活習慣は健康に大きく関わります。習慣、つまりよく行っていることが体へ大きな影響を与えます。

2ヶ月集中でパーソナルジムに通って痩せても、まだ習慣と言うには気が早いでしょう。いい結果は得られるかもしれませんが、大切なのはそれからも続けていけるかどうか。

大きな成果が出れば出るほど、少し数値が悪くなっただけで投げやりになってしまうリスクも上がります。

特にイベントなどの予定はないけど、

・体調を良くしたい

・体質を整えたい

・体型を改善したい

という方は「ダイエット」の情報から、自分のライフスタイルに取り入れられそうなものを試してみるのがいいでしょう。

減量の情報はダイエット向きではないことも

ここまでで

・減量=期間限定

・ダイエット=継続すること

というイメージはつかめたでしょうか。

どちらも体重を減らすというところは同じですが、減量の場合はより厳しい制約がかかるケースが多いです。強い目的意識がないと、継続するのはかなり厳しいようなことも行います。

ですので、ちょっと体重を減らしてキープしたいなーくらいの気持ちで減量の情報をマネするのはおすすめしません。きついことをするぶん、挫折するリスクが上がります。

すぐ結果は出るかもしれませんが、キープできなかったら目的は達成できていませんよね。

それなら最初から続けられそうなことを試すほうが手間が省けます。キツい方法で痩せてから、別のキープできる方法を試して…という流れも悪いとは思いませんが、二度手間になるのは事実。

効率よくカラダを変えたい方こそ、急がば回れのメンタルでいきましょう。

まず目的をはっきり決めましょう

以上、ダイエットと減量の違いについてお伝えしました。

・減量の目的は「一時的に」いい体型をつくること

・ダイエットの目的は「継続的に」体型や体調を整えること

減量にいい=ダイエットにもいい、とは限らない

ダイエットと減量、あなたが目指したいのはどちらでしょうか。ぼんやりしている場合は、ここを決めることから始めましょう

現代は情報が多すぎる時代です。情報や知識を集めるのと同じくらい、どれを捨てるか、参考にしないかという判断が大切。そのためには自分のゴール地点を決めておく必要があります。

そうはいっても、それぞれの情報に対して合っているのか間違っているのかを正確に判断できるようになるには、ある程度知識をつけなければいけません。

とにかく自力でできるようになりたい!という人は独学でもいいですが、プライベートの時間を削る必要がありますし、効率の面でも劣ります。自分に合ったトレーナーや栄養士を探すほうがおそらく早いです。

栄養指導を行なっている病院や、継続していけるような食事指導を掲げているパーソナルジムを探してみてください。

または僕のようにオンラインで栄養相談を受け付けているトレーナー・栄養士さんを探すのもいいと思います。情報発信などをしている人なら、人となりもある程度わかっていて、相談しやすいですからね。

もしご興味がありましたら、以下のボタンからお問い合わせいただければ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

筆者はXもやっています。ブログの更新情報や最新の栄養学・菜食のレシピを投稿していますので、よかったらフォローしてください◎

まーしー | 菜食のトレーナー(@marcyplantbased)

栄養バランス、トレーナーに相談してみませんか?

さまざまな知識を自分で調べて、暮らしに取り入れていくのは難しいですよね。

栄養バランスが心配…

お悩みの方は、まーしーが行っているパーソナル栄養アドバイスをご利用ください。

1回だけでも受けられる栄養相談サービスなので、1ヶ月など期間の縛りはなく、毎日写真を送るような手間もかかりません

プラントベース/ヴィーガンの食事で栄養バランスを整えるコツをお伝えし、あなたが自分の体質や目的に合わせた食生活ができるようサポートします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください
もくじ