白いさつまいも「しろほろり」は栗みたいな味

当ブログには広告が含まれています。

毎日食べるほど好きな食べ物、さつまいも。今回は「しろほろり」という白いさつまいもを食べたレビューです。

いも活」というタグから過去の投稿を読めるようになっているので、さつまいも好きのみなさんはぜひチェックしてみてください。

↓こんな感じでほかの品種もレビューしています

もくじ

しろほろりの特徴

パッケージを見ると、ホロホロ食感、栗のような優しい甘さです、とのこと。

正直、これだけだとそこまで惹かれないですよね。ホクホク系のさつまいもならホロホロ食感と言えなくもないし、甘さがひかえめなことも普通といえば普通です。

だからこそ、もっと色を推した方がいい気がします。僕が目を引いたのも、その色と見た目が特徴的だったからなので。

さつまいもなのに、皮も白い

こちらがしろほろり。ふかし芋にしたあとの写真です。じゃがいもが変なかたちで育っちゃって…と言われても信じちゃうようなルックスをしています。

これでさつまいもって言われたら、1回は食べてみたくなりますよね。

切っても白い

断面はこんな感じ。これを見ればさつまいもだって信じてもらえそうですね。じゃがいもとは明らかに見た目が違います。

確かに食感はホロホロだし、甘さも栗っぽいです。じゃがいもっぽさはありません。さつまいもなんだから当然なんですけど。ちゃんとさつまいもらしい甘味が感じられます。

いい栗を食べた時のような感じに近いかも。でも、栗特有の苦味や臭みがありません。

僕は栗も大好きですが、栗って特有の香りがありますよね。だからこそモンブランとか、栗のお菓子って唯一無二の味になると思うんです。

さつまいものお菓子も紅はるかで作るか・シルクスイートで作るか・紫いもで作るか…で差が出るように、しろほろりにはしろほろりのよさが出る食べ方がありそうです。

紅あずまほどパサパサしてないし、さつまいもっぽい匂いも強くないし。色も白いから、お菓子作りや加工のしかたを考えると楽しそうですね。

僕はそのまま食べるのが好きなのでふかしただけで食べましたが、もちろんこれでも充分おいしいです。ほかのさつまいもとは明らかに特徴が違うので、

しろほろりが食べたい!

という気分の日がこれから出てくるような気がします。

めったに手に入らないかも

今回僕は茨城県内の道の駅で購入したものをいただきましたが、すごい貴重なものだった可能性があります。

というのも、楽天市場で探すとふるさと納税しか出てこないからです。

前回レビューしたふくむらさき以上に貴重ですね。また食べたいのに…

かなり新しい品種のようなので、これから普及することを願いたいです。

でもなー、焼き芋ブームが紅はるかとか安納芋とかスイーツ系ばっかりだからなー。僕はどちらかと言えばホクホク系のほうが好きなんですよ。ちょっと喉に詰まりそうなあの感じも含めて。

このまま焼き芋ブームが続きつつ、この波に乗ってホクホク系も流行ってほしいですね。そうすればしろほろりも作る方が増えるはず。

栗が好きな人はぜひ

ほかのさつまいもと違って、栗が好きな人にも食べてみてほしいです。味と食感はかなり近いものがあります。

気軽におすすめできるほど簡単に手に入るものではありませんでしたが、ふるさと納税の場所をまだ決めていない方、珍しいさつまいもを食べてみるのもおもしろいと思いますよ。

農業の担い手が減っているという話もよく聞きますから、こういう形で農業が盛んな県を支援するのもいいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

筆者はXもやっています。ブログの更新情報や最新の栄養学・菜食のレシピを投稿していますので、よかったらフォローしてください◎

まーしー | 菜食のトレーナー(@marcyplantbased)

ヴィーガン対応のトレーナーをお探しですか?

ヴィーガンに理解のあるトレーナーはいないかな?

ベジタリアンやヴィーガンに理解のあるパーソナルトレーナー・ピラティスインストラクターをお探しでしたら、まーしーが経営しているジムはいかがでしょうか?

京王線初台駅・幡ヶ谷駅から徒歩5分ほどの個室パーソナルジムです。

運動経験がない体が硬くて不安、とお悩みの方もご安心ください。

姿勢や生活習慣について分析させていただき、今のあなたにぴったりな運動をご案内します。

そのほか、栄養バランスのご相談なども可能です。お問い合わせは以下のページからどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください
もくじ