大豆ミートを5種類食べ比べ!匂いや味はどう違う?

当ブログには広告が含まれています。

5種類+大豆チップスをレビューします

先日、はじめて大豆ミートを買いました。5種類すべて食べてみたので、感想を書いてみます。番外編として大豆チップスも仲間入りさせました。

これまで大豆ミートを買ってこなかった理由については、以前の記事をお読みください。

もくじ

この記事に登場する大豆ミート

今回食べた大豆ミートは以下の通りです。すべてニチガというメーカーさんのものを買いました。

フィレやブロック、ミンチなどは一般的だと思いますが、ツナタイプって珍しいですよね。

・大豆ミート フィレタイプ

・大豆ミート ブロックタイプ

・発芽大豆ミート ミンチタイプ

・発芽大豆ミート フレークタイプ

・発芽大豆植物ミート ツナタイプ

・大豆チップス(番外編)

大豆ミート フィレ

まずは一般的なものを食べてみよう、ということでフィレタイプから。調理法も王道っぽくお肉に見立てた料理にしようと思い、酢豚風にして食べました。

おいしいけど肉ではない

手前味噌ですが、「大豆ミートの酢豚風」という料理としておいしかったです!が、お肉派の人に受け入れてもらうのは難しいでしょうね。食感や風味がまったく別物なので。

お肉と同じような食べ方をするほど、「じゃない感」を強く感じてしまいます。違う食材として扱ったほうが、楽しみ方の幅が広がるような… 。

youtubeで菜食ではない人が代替食品を食べる動画を見たことがあるのですが、リアクションが微妙なものも多くて。まあそうだよな〜と楽しく見ていましたが、自分も似たような感想になりました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください
もくじ